• プロフィール

    Caim

    Author:Caim
    [PCスペック]
    OS:WindowsXPsp3
    CPU:Core2DuoE8500@3.16G
    メモリ:2G
    GPU:GF9600GT
    マウス:lukeに貰った
    マウスパッド:lukeに貰った
    キーボード:PCのおまけ
    ヘッドセット:?

    [好きなゲーム]
    FPS (現在のメイン:AVA
    麻雀 (現在のメイン:雀龍門

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/12/04(Fri)

にゃんこい?

、9話目に突入したにゃんこい!なのだが、冒頭でいきなり「Hawaiians」が登場した。
たしかに前々から、常盤(劇中では"ときわ"と読む)という文字が登場していたことは若干気になっていたが、よもやハワイアンズまで出てくるとは…。
これ、地元じゃねーか?
常磐町という町もある。また常磐と書いて"じょうばん"とも読み、常磐地区には「スパリゾート ハワイアンズ」(旧常磐ハワイアンセンター)があるのだ。
もちろん数年前の映画「フラガール」で知名度は全国区になってはいるが。
なんて出来すぎなんだ…。

常磐(性格には違うけど)に住み、
地元には「Hawaiians」があり、
ネコアレルギーで、
ドNoob。

まさに俺って…!
いいえ、劇中のハルヒコです。異論はございません。orz
そりゃあツインテールも好きだけど。
俺は住吉派だ!
スポンサーサイト
Home | Category : アニメ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/12/04(Fri)

にゃんこい!

ゃんこい!を見てみた。
理由は11eyesとWhiteAlbumだけでは、アニメ成分が足りない気がしたからだ。
それとあらすじを見たら、なんと主人公が「ネコアレルギー」とのこと。
何を隠そう、このどぬぶも「ネコアレルギー」なのである。
キャラクターデザインは良好、ストーリーも良好、ギャグも良好、と良作なアニメだと思う。
しかしいかんせん、実際のネコアレルギーはくしゃみどころの話じゃない。
ネコがいる家に入れば、目がかゆくなり、くしゃみ・鼻水は止まらなくなり、そして発熱するのだ。
もし自宅にネコがいるとすれば、間違いなく死ぬだろう。
そう、死ぬのだ。

そんなことを思いつつ、「じゃあネコアレルギーの俺も一級フラグ建築士になれるかもしれねえ。」とNoob的発想をしたわけだが、その2日後の帰路にて、突然現れたネコが異常に俺に纏わりついてきたのだ。
別にネコが嫌いなわけではないため、撫でてやったのだがいつまでも追いかけてくる。(ネコアレルギーでも屋外で触るぐらいならおk。その手で目を擦ったりすると酷く腫れたりする。)
「なんという出来具合や…。」と内心思っていたが、連れて帰るわけにもいかず、帰ろうとするのだがニャーニャー泣きながら付いてきて、一向に離れない。
走ろうにも足に纏わり付くため歩くしかなく、このままでは家まで連れて帰ってしまうかもしれない。という不安も大きな通りの沿道に出たらあっさり終わった。
車の往来が激しく、車のライトを怖がった猫の足が止まってしまったのだ。
車にビビりつつも懸命に俺の後をつけてこようとしていたが、残念ながら恐怖のあまり叶わなかったらしい。
しゃがみこんで「ニャーニャー」と俺に悲しい泣き声をぶつけていた。
正直俺も心に虚しさを覚えた。もちろんフラグを折ったこともそうだが、可愛いネコを置き去りにすることに心が痛んだのだ。首元を撫でたが首輪はなく、どうやら野良猫のようだった。
しかし仕方がない。時は残酷なものだ。
なにしろそのとき俺は、無性にウンコがしたかったのだから。
そそくさと家路を急ぐ俺であった。
まさに、うんこい!。
Home | Category : アニメ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/09/28(Mon)

やっと見つけた

ラネテスという神アニメを見た。
もう5年以上昔のアニメで、NHKの本気の一端らしい。
近未来の宇宙をテーマに、宇宙産業の廃棄物=スペースデブリの問題とそれを回収するデブリ屋のおはなし。
ある大企業のデブリ課の個性溢れる面々が織り成す一話完結型で進んでいく。
まあ宇宙環境改善というCSR的要素を抱えつつも、その企業では毎期赤字のお荷物という位置づけになっているが、実際デブリによる事故というのは宇宙進出に際して問題となるだろう。
そういった意味で、他の作品には無い「本格SF」である。
あらすじもほどほどに、ほぼ全てが所謂ところの神回である。アニメは全26話+番外編2話で構成されており(原作は漫画)、その全てを視聴するのは容易いほどに、面白い。
そんなわけで、是非見てもらいたい作品である。
そして一話毎に考えさせられることは多い。
事実、笑えるシーンや感極まるシーンもあり、細部にわたって表現されたそれは、決してアニメ好きでなくとも一見の価値があるだろう。
私自身、人生の視点を変えるターニング・ポイントとなった。
さて、人生のNoobを脱する努力をしようか。
Home | Category : アニメ |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2009/09/22(Tue)

クレヨンしんちゃん

レヨンしんちゃんのアニメが始まったころ、僕はまだ小さくて覚えてはいないけれど、両親がいうにはアニメが始まる前から、声も言動も「しんちゃん」そっくりだったということだ。
どこかのPTAはいう。
子供に見せたくないアニメNo.1はクレヨンしんちゃんだ、と。
だが僕はずっと見続けてきた。
両親が言うには、自分の子供がアニメを見て、そのお下品な行動を真似するように育てることが問題であって、クレヨンしんちゃんが子供に悪影響を与えることなどないと。
それはそうだろう。見ていなくても、しんのすけだった僕がいるのだから。
クレヨンしんちゃん、文字にするまでもなく、教えられることは多かったろう。
だから僕はずっと「しんちゃん」でいい。
映画の感動を抜きにしても、クレヨンしんちゃんは歴史に残る名作である。
臼井さんに哀悼の意を表して。
ご冥福をお祈りします。

Home | Category : アニメ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2009/09/15(Tue)

/( ^o^ )\

亡決定\(^o^)/
ニヤニヤニヤニヤしちゃってどうしたんだろうな俺。
どうやら俺はロリコンだったようです。本当にありがとうございました。
アグネス?んなこたぁどうだっていいんだよ!
Home | Category : アニメ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。