FC2ブログ
  • プロフィール

    Caim

    Author:Caim
    [PCスペック]
    OS:WindowsXPsp3
    CPU:Core2DuoE8500@3.16G
    メモリ:2G
    GPU:GF9600GT
    マウス:lukeに貰った
    マウスパッド:lukeに貰った
    キーボード:PCのおまけ
    ヘッドセット:?

    [好きなゲーム]
    FPS (現在のメイン:AVA
    麻雀 (現在のメイン:雀龍門

  • 最新トラックバック

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2009/12/29(Tue)

初期武器のススメ

初期武器とはFPSにおいて、最初に支給される基本武装である。
無償で与えられるため、武器の性能がずば抜けているわけではないが、初心者にも使いやすい武器となっている。
そのコンセプトのほとんどは「バランスのとれた使い勝手の良い武器」であることが多いだろう。
ただしゲーム内通貨などを消費して手に入れる武器などと比較して劣っていたり、物足りなさを感じさせるものが多々存在している。
AVAにおいてもインベントリの底に沈み、補給部屋で使い古された耐久値0%の可愛そうなものさえあるのだ。
しかし初心者にも使える武器であるならば、中・上級者にとってはさらに使いやすい武器ではないのだろうか。
その考えに基づき、今回は中・上級者のための初期武器を考えていくことにする。

●ポイントマン「MP5A3」
初期武器のコンセプトに忠実といえる「使いやすさ」を追求した武器だろう。
特筆すべきは「精密度の高さ」と「集弾性の良さ」と「低反動」である。つまり「敵に弾を当てやすい」のである。
しかし問題は「低火力」である。カスタム登場までは装弾数の低さが大問題であったが、今日では「威力31」+「射程25」+「連射77」(どれもカスタム最高値)が生む「低火力」によって、お蔵入りになってしまう銃である。
だからこそ我々は威力については何も言うまい。
「高精密」+「良集弾」+「低反動」による「ヘッドショット」で勝負しよう。
使えば分かるが、敵と撃ち合ってみるとカン!カン!と敵のヘルメットに当たる音が何度も聞けるはずである。それほどまでに頭に当てやすいのだ。
AVAにおいてはHSを食らうと画面が揺れるため、相手のエイムをずらすことが出来る。このNoobな筆者でも、数秒間の間に4連続HSを叩き出したことすらある(念のためにいっておくが、一般チャンネルの爆破で被害者の中には赤階級もいたと思う)。それほどまでにAimがものをいう武器だということだ。
ただ「低火力」であるため、「頭に当たったのに負けた!」なんてこともしばしば…。
特に筆者はヘルメットも防弾服も基本兵装のため、撃ち負けることが多い(苦笑)
また敵一人に1マガジンをフルで使い切ってしまうことも。

●ライフルマン「G3A3」
地味。まさにその一言に尽きるが、エイムショット時の精密性は群を抜くほどである。
またカスタム後は「威力55」に達する「高火力」武器と化す。しかしこれによって安定性を欠き、連射能力は格段に低下するのは否めない。筆者が使った感想は「暴れ馬」である。
装弾数20はそれほど気にならないが、とにかく反動が凄まじい。
MP5A3と比較して、FPSにおける敵を倒すプロセスの理解のために、MP5で「まず敵に弾を当てる」を体感させるとすれば、この銃(フロントカスタム後)は「弾が当たると倒せる」を体感させる武器といえる。
だからこそあえていおう。「フロントカスタムは地雷」だと。
この銃は地味だからこそいいのだ。「威力37」、「精密70~72」は地味に良い。正直筆者も使い込んでいないため詳しくは語れないが、装弾数25はちょっと痛い。個人的にはフロントのカスタムは「安定+3」「装弾数+5」であれば素晴らしい銃だったと思う。

●スナイパー「M24」
真っ直ぐ飛ぶ。狙ったところに着弾する。スナイパーライフルならば当然ともいえるが、この銃だからこそあえていいたい。
初心者にも扱いやすいSRであることは間違いない。しかし初心者のそれと、中上級者のそれとでは扱い方がまるで違ってくるのだ。
初心者の場合、止まってじっとスコープを覗いて敵が見えたら撃つ、これがスナイパーにおける一連の流れといっても過言ではないだろう。これを忘れず守っていくのならばTPGを使いこなせるはずだ。しかしM24の場合、それでは敵にやれれてしまう。
まず使うにあたって必要なことは「クイックチェンジ(以下QC)」を体得すること。QCとは、一撃の後に他の武器に持ち替え、すぐさまSRを持ち直すということだ。これは要練習である。
続いて大事なのは、他のSR(特にTPG)に対面したら、同じ場所で2射しないことだ。ほとんどの場合、1射目はこちらが先に撃てるはずである。それで仕留められなかったなら、次は相手が先にスコープを覗いている位置に自分が身体を出すことになる。
スナイパーvsスナイパーの場合、先に覗いている方が圧倒的に有利であることを肝に銘じておこう。
また位置を変える、動く利点はそれだけでなく、ある程度動いていても当たるこのM24の特性を活かしてのことだ。
同じ事をするならば、正直SV98を使用した方がいいだろうが、取り回し易さでは若干こちらに武がある。
ただくれぐれも注意したいのは、「シャープシュータースコープ」、「クイックスコープ」の双方とも地雷だということ。QCできるなら前者はいらないし、後者では遠くの敵に対応できないだろう。


初期武器に共通していえるメリットは、コストパフォーマンスの良さだろう。
修理費が非常に安く、長く使っていけるはずである。
ただどれも威力は低く設定されているため、最近の強力なヘルメットや防弾服の前では涙を呑むこともしばしば。
それを負かしたときの喜びと、負けた相手の悔しがる様を想像してにやにやする筆者は、少しばかり変なのかもしれない。
またよく言われる文句に
「美人は三日で飽きるが、ブスは三日で慣れる」
とあるだろう。初期武器はまさにブスなのだ。
強すぎる武器ほど詰まらないものはない、欠点はあるだろうがそれをプレイヤーのスキルで補って使うからこそ面白い。
確かに地味な初期武器陣だが、たまにはインベントリから出して使ってみてはいかがだろうか?


スポンサーサイト
Home | Category : ゲーム |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。